消費者アンケート調査結果

東日本大震災のような甚大な災害時にあっては特に各地域の状況の違いの幅は大きくなり、特定地域での特定ニーズへの集中が起こりやすくなる。その一方で組織資源は疲弊するので、現地機関は地域や組織の状況に応じた事以外は行う余裕がなくなる。このような中で、最も的確に現地ニーズに対応し続けるためには選択と集中(もっとも緊急かつ重要ないくつかのニーズに対して戦力・資源を集中する)を戦略的に行う必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
防災計画 行政 
カテゴリ:
 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
東日本大震災 
登録者の他の教訓(コンテンツ)