消費者アンケート調査結果

さらに、専門家任せにせず市民も科学技術の利用やリスクについての情報を理解しよう、考えようという態度の高まりを踏まえ、今後市民を意思決定に巻き込むためにどのような参加・決定プロセスを用意するのかについても検討が必要である。市民が自分の関与度やライフスタイル、価値観等により選べるように、複数の選択肢を提示できることが望ましいだろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
原発対応 住民 
カテゴリ:
意思決定 
場所:
中山間地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)