消費者アンケート調査結果

今後の日本社会のエネルギーについて、意思決定を専門家に任せるのではなく、市民も参加して他の選択肢との比較から考えようとしていることが推察される。このような市民の態度変化を踏まえると、原子力発電だけでなく複数のエネルギーの選択肢を、市民自身が技術的、経済的、社会的な様々な視点から比較検討できるような情報が求められていると言えるだろう。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
ライフライン その他・非該当 
カテゴリ:
原発対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)