消費者アンケート調査結果

沿岸部と内陸部(都市部)の住民の帰還等の格差の解消が今回の復興の鍵となろう。魅力的なまちづくりがこれを解消すると見込まれるが、沿岸部から避難した住民がすべて戻る保証は現在のところ少ないと考えられる。震災前に居住していた住民が時間の経過とともに帰還しづらくなることだけでなく、震災以前からも過疎化あるいは人口減少が続いていたことに鑑みると、完全な復元は難しいものとみられる。魅力的なまちづくりと産業と人を呼び込むような政策(特区、規制緩和)を講じることにより、今後の沿岸部の復興や経済成長、ひいては内陸部と沿岸部の格差の解消につながるものと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
まちづくり 行政 
カテゴリ:
被災者支援 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)