消費者アンケート調査結果

震災前に『残業削減』や『勤務時間の柔軟化』に取組んでいた企業の半数以上は、震災や節電対応を振り返って「やっていてよかった」と回答。働き方の見直しに取組んでいたことは、緊急事態に貢献したことが確認される。また、「やっておけばよかった取組」で一番多いのは『勤務場所の柔軟化』である。時間と場所の柔軟性が緊急時の対応には効果的であることが実感されている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
ライフライン 企業・学術機関 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
市街地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)