消費者アンケート調査結果

震災前の家族人数で現在の住まいが「最低居住面先水準」を満たしているか検討した結果,埼玉県に避難中の世帯は,「最低居住面先水準未満」が30.0%,東京都は34.0%であった。このような結果から,離散した家族が週末に集まった時の住宅の狭さが不満につながっている可能性が示唆された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
応急仮設住宅 住民 
カテゴリ:
 
場所:
中山間地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)