消費者アンケート調査結果

被災地の工務店等は困難な状況にもかかわらず、地域の住宅に関する応急対応・修繕、一般の住宅再建など大きな
役割を果たしてきているが、今後さらに増加が見込まれる住宅需要への対応の観点からは限界もあると考えられる。
既に一部で動きつつある次のような取組みを実践(本格稼働)に移していくこと(そのための体制整備と環境づくり)
が期待される。・『地域型復興住宅』等の生産者(資材供給~設計・施工まで)のネットワーク、グループ化による体制や広域連携
・地域の住宅生産者の横の連携による共同受注体制 ・住宅再建等の発注者の連携による発注の共同化など

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住宅再建 企業・学術機関 
カテゴリ:
広域連携体制 
場所:
市街地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)