消費者アンケート調査結果

被災3県の沿岸地域においては、すでに住宅着工数は増加してきているが、計画されている災害公営住宅や面整備事業(集団移転、区画整理等)により、住宅供給はさらに増加することが見込まれる。一般の住宅再建と災害公営住宅等の整備の双方が円滑にバランスよく進むような取り組みと環境(条件)整備が重要。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
災害公営住宅 行政 
カテゴリ:
 
場所:
平野 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)