消費者アンケート調査結果

仮設住宅入居時に行ったような、コミュニティを無視した抽選を行うべきではない。これは、仮設の住民の4 割が、旧町内もしくは仮設住宅の「ご近所さん」とまとまって移転を望んでいる事実からも裏付けられる。災害公営住宅への移転では、仮設住宅のように住民に対してゼロからのコミュニティづくりという負担を強いてはならない。行政は住民コミュニティの維持・再生を意識しながら、移転できる方策に知恵を絞るべきである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
コミュニティ その他・非該当 
カテゴリ:
居住地移転 応急仮設住宅 災害公営住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)