消費者アンケート調査結果

災害時要援護者の支援体制を構築するためには、平常時から地域の多様な主体による活動を基盤とすることが重要である。すなわち、保健師や、行政区の民生(児童)委員、行政区役員、消防団などの活動との連携が重要である。町内の全ての行政区で、こうした地域活動が行われるよう防災部署と福祉部署の連携した具体的な取組みが必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
要配慮者支援 行政 地域組織 
カテゴリ:
消防団 地域連携 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)