消費者アンケート調査結果

仮設住宅の居住者の生活相談のために、仮設住宅生活支援相談員が活躍した。活動のためには入居者と相談員の信頼関係の構築が重要であるが、仮設住宅毎に入居時期が異なるため、相談員が特定の仮設住宅を訪問するチーム制へ移行するのに時間がかかった。今後は円滑に組織的な活動が行えるように、支援員の業務内容を時系列に整理し体制を検討しておくなど、東日本大震災の綛験を活かした支援員の活動マニュアル等の作成が望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
応急仮設住宅 支援団体 
カテゴリ:
 
場所:
リアス その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)