消費者アンケート調査結果

県・町それぞれの事業で仮設住宅が提供されたが、被災地全体の仮設住宅需要が膨大であったため、供給される仮設住宅の仕様のグレードが異なり、居住者からの指摘が多かった。今後は、今回の災害の経験をもとに、町は県と協議し、家族数に合わせた必要戸数・間取りの想定方法などについて、県と協議しておくことが望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
応急仮設住宅 行政 
カテゴリ:
 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)