消費者アンケート調査結果

今後、医療救護所の設置について医師会だけではなく宮城病院も含め、実現可能なレペルで再検討が必要である。また救護所設置のための備蓄等の整備も並行して検討する必要がある。また、救護所及び救護班、避難所及び福祉避難所のそれぞれで、支援が必要な住民へ速やかにサービスが提供できるよう、事前に設置場所と設置主体者を明確にするとともに、関係者連絡協議会など関係者が一堂に会する場を設けて、平時から顔の見える関係を構築しておくことが望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
災害医療 支援団体 
カテゴリ:
備蓄 福祉避難所 
場所:
リアス その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)