消費者アンケート調査結果

災害直後の初動期に迅速に被災町民が食料・物資を確保できるよう、一定程度の備蓄品(すぐに食べられる食品など)を公的に備蓄することが望まれる。町民や地域における自助・共助的な備蓄も必要であるが、津波による被災等で自宅等が被災し、備蓄が流されるおそれかおるためである。公的な備蓄の方法としては、役場で購入し指定避難所々防災拠点などに保管する方法のほか、ランニングストック方式で協定先企業等に備蓄する方法も検討することが望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
防災計画 行政 
カテゴリ:
備蓄 避難所 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)