消費者アンケート調査結果

災害時の通信方法として、衛星携帯電話による通信は有効であることから、県と協議の上常備を検討するとともに、携帯電話会社から災害発生後に早期に提供を受けられるよう、平常時より応援協定締結の検討が望まれる。また、衛星携帯電話を災害時に迅速かつ有効に活用できるよう、平常時より重要機関・施設においては、利用方法の習得や通信可能箇所の把握などの訓練も必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
防災訓練 その他・非該当 
カテゴリ:
情報提供→情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)