消費者アンケート調査結果

津波避難計画を、行政区ごとに作成する必要がある。その際、避難場所は、津波を想定して安全性を確保した現実的な場所とする必要がある。避難路などについては、車避難を認める場合には、交通渋滞がおこらないように、利用する道路や駐車場所などに関するルールを策定する必要がある。ルールの策定にあたっては、全町的に齟齬のないように調整しつつ、行政区ごとの詳細なルールを作成するべきである。地震発災時には、警察等による規制は困難であることから、住民がおのずから活動できるよう、事前のルール策定と周知が必須である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
防災訓練 行政 
カテゴリ:
交通 
場所:
平野 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)