消費者アンケート調査結果

避難・誘導対策に関わるすべての町民の安全性の向上が重要である。そのためには、情報伝達ルートの拡充とともに、要援護者の避難を、消防団員、民生(児童)委員など一部の住民だけではなく、より多くの地域住民で行えるよう取り組むことが望まれる。本震災前に、いくつかの行政区で行われていた先進事例をもとに、他行政区への展開を図ることが必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
消防団 支援団体 住民 
カテゴリ:
要配慮者支援 避難行動 
場所:
リアス その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)