消費者アンケート調査結果

津波浸水域での迅速な救助のため、資機材や重機を活用した活動を展開すべきであるが、車両や資機材が津波の被害を受けた場合、人命救助を人力のみで対応せざるを得なかった。したがって、沿岸部に所在する署所では、資機材を安全な場所へ避難させるなど、救助活動における資機材等の確保についての検討が必要と考えられる。また資機材や重機の不足に備え、あらかじめ建設業者と災害協定を結び、発災時にはそれらの提供が受けられる体制を作っておくことも望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
防災計画 行政 
カテゴリ:
 
場所:
平野 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)