消費者アンケート調査結果

今後は、備蓄方法を検討するとともに、市町村の人口構成、地理的特徴等を考慮して備蓄量を確保すること、災対時要援護者(以下「要援護者」という。)等を含め様々な被災者に配慮した備蓄となるよう品目の見直しを進めることが必要となる。また、
災害の規模が大きい場合、被害状況によっては物資等の援助が予定どおりに受けられないため、住民自らも災害に備え普段から最低限の備蓄をしておく必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
備蓄 その他・非該当 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)