消費者アンケート調査結果

災害対策の効果的な実施を図るために設置された地方支部・地域部(以下「地方支部等」という。)は、県災害対策本部と市町村との調整機能を担うことになっていたが、地震や津波により、沿岸部を中心にその拠点となる庁舎が大きな被害を受けた。そのため、発災後の初動対応に支障が生じるとともに、災害対応拠点としての機能が大きく低下した。さらに、ライフラインの途絶、衛星携帯電話等の通信機器の不足等により、市町村の状況把握や支援、県災害対策本部との連絡調整が十分に実施できなかった地方支部等もあり、災害対応にあたる職員についても、公共交通機関の停止やガソリン不足で遠方からの通勤ができなくなるなどの事態が発生した。今後は、地方支部等の被災を想定した代替拠点の選定や設備や備蓄品の増強などの対応策を十分に講じておくとともに、被害が大きい地域ほど市町村への支援など人員が必要な状況が発生するため、地方支部等の間などでの人員応援を、広域的かつ長期的に判断、調整する仕組みに
ついて検討する必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
災害対策本部 行政 
カテゴリ:
ライフライン 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)