消費者アンケート調査結果

2割を超す方は「相談する相手がいない」と答えている、所謂「孤独者」である。かつて阪神大震災では、多くの方が孤独死に追い込まれたという事実を教訓に、前述の見守りサポートの早急な整備と相談体制の確立を求めたい。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
見守り支援 その他・非該当 
カテゴリ:
こころのケア 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)