消費者アンケート調査結果

被災者向け住宅供給の初期段階の遅れ(=防災協定が機能しなかった)、被災者向け仮設住宅の需要と供給のミスマッチ、被災者借上制度の賃料入金遅れ(=人員の明らかな不足)等、不動産業界の実務者レベルの協力や意見を随時取り入れられる体制作りが今後の防災対策の観点からも必要と思われる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
防災計画 地域組織 その他・非該当 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)