消費者アンケート調査結果

津波で企業基盤を失い破綻の危機に瀕している企業も多い。このため、実質営業不能状態にある企業数はさらに増えるとみられる。今後、復旧・復興までの期間が長引くほど、これらの企業が先行き見通し難から事業継続を断念し、倒産手続きに移行する可能性は高く、関連倒産の件数が急増する可能性も十分にある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
事業継続計画(BCP) 企業・学術機関 
カテゴリ:
復興計画 建物被害 
場所:
市街地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)