消費者アンケート調査結果

「風評被害」の継続・収束の判定を万一誤った場合、現実の被害が継続・残留しているにもかかわらず「風評被害」に関する損害賠償を打切る問題や、逆に偶然損害賠償の要件を満たす者が制度を本来の目的以外に利用する機会を提供する問題が懸念される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
原発対応 その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)