消費者アンケート調査結果

再生エネルギーを増加させる政策に対して人々は最大6%強の電気代の上昇を受け入れる余地があることが判明した.この6%強という数字は,電力会社各社が実際に上げ,または上げようとしている金額に比して低いものとなっている.ベースとなる料金が上がれば,再生エネルギーへの国民の支払意思(WTP)は下がることも考えられるため,政府は,再生エネルギーへの転換に早急に道筋をつける必要がある

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
再生可能エネルギー 行政 
カテゴリ:
 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)