消費者アンケート調査結果

人命の救助や避難所の整備とは異なり、応急仮設住宅の整備は一定の混乱が収束した後に実施されており、被災者が分散的に意思決定をすることで効率的な住宅支援が可能であった。こうした点から、現物による供与は、住宅の確保という観点からは非効率と考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
応急仮設住宅 地域組織 行政 
カテゴリ:
 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)