消費者アンケート調査結果

東日本大震災規模の広域に渡る大災害の備えとしても、サプライチェーンの供給元を2地域に分散させるだけで、生産活動に対する間接的な被害は5分の1程度の軽減することができるが、これを先に行った、3月から6月のGDPベースの影響額に当てはめれば、一次波及まででGDPの0.05パーセント、全効果まで含めても約0.3パーセントと、通常の経済変動に伴うGDPの動きに比べても比較的小さな範囲に収めることができる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
原発対応 その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)