消費者アンケート調査結果

配管が破損した際に高圧ガスの漏洩を最小限にするための措置として、現在、耐震設計基準に基づき設置されている地震防災遮断弁は、配管内と設備内のガス保有量の細分化に有効であり、津波対策においても有効である。このため、地震防災遮断弁の遠隔操作、動力が喪失した場合に安全性が向上するように機能する作動、操作等の技術基準を設定し、設備の改良を義務づける。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 その他・非該当 
カテゴリ:
ライフライン 防災施設 
場所:
その他・非該当 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)