消費者アンケート調査結果

流出した容器及びローリーで内部にガスが残っているものは、津波が引いた後の復興時の作業中の事故等にもつながる可能性があり、加えて時間の経過と共に腐食が進行し破裂の危険性が高まることから、近隣住民と復興関係者への注意喚起及び早期の回収が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
原発対応 地域組織 その他・非該当 
カテゴリ:
ライフライン 復興計画 
場所:
その他・非該当 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
東日本大震災 
登録者の他の教訓(コンテンツ)