消費者アンケート調査結果

今後発生すると想定されている東海、東南海、南海地震等を踏まえると、今回の地震以上の地震の発生もあり得ることから、埋立地、護岸近辺、沼地等の比較的液状化の発生しやすい土地に立地している事業所においては、自主的に自らの土地が液状化の発生しやすい場所かどうかについて調査を行い、液状化が発生しやすい場所であれば地盤の改良、液状化により設備・配管が損傷した際にガスの漏洩を防止するための緊急遮断弁及び地震防災遮断弁の操作の遠隔化と自動化、配管に可とう性を持たせるなどの対策を講ずることが望ましい。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
液状化 企業・学術機関 
カテゴリ:
防災施設 
場所:
市街地 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)