消費者アンケート調査結果

今回は水管橋の支承部に使われている伸縮管が35箇所程度、顕著に被害を受けていた。これらの伸縮管は伸縮部の呑口から見て、元々温度伸縮等を吸収するために設置され、地震よる変位は十分吸収できないと想定されるため、支承部において大規模地震に対応するための必要な伸縮可とう性を確保する必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
ライフライン 企業・学術機関 その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)