消費者アンケート調査結果

勤続年数が長いベテラン職員、自身の負傷、知人の行方不明や職場の流失などの過酷な被害に遭った職員、勤務において様々な苦労を体験した消防職員には、強いストレス反応が残っていた。特に、自責感を強く感じたり、身近な方を亡くされて深い喪失感を感じた職員には、外傷性ストレスが強く残っていた。そのため、こうした消防職員に対する惨事ストレス対策の充実が望まれる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
惨事ストレス 地域組織 行政 
カテゴリ:
消防団 災害医療 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)