消費者アンケート調査結果

消防本部が積極的に専門家を確保し、連携することによって、平常時(災害発生前)から情報交換を行うなど顔が見える関係を作り、惨事ストレスが危惧される災害等が発生した場合には、スムーズに支援を受けられる体制を構築していくことが必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
惨事ストレス 地域組織 行政 
カテゴリ:
災害医療 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)