消費者アンケート調査結果

消火設備については、建築物そのものが想定している耐震クラスを前提としつつ、「中規模地震においてはそのシステムとしての主機能に損傷がな<、機能維持されること」及び「大規模地震時においては、建築物からの脱落等がな<、早期の機能復旧が可能であること」が必要であると考えられ、特に自動消火設備については、「大規模地震時においても主機能に損傷がなく、機能維持が可能であること」が望ましいと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
耐震化 企業・学術機関 その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)