消費者アンケート調査結果

帰宅を許可する場合は、直ちに帰宅させるのでなく、帰宅までの経路において支障を来すもの(公共交通機関の運行不能など)がないか判断した上で、帰宅を許可する等の措置を執る必要がある。また、徒歩で帰宅する従業員に対し、運動靴など歩きやすい履物を事務所内に常備しておくとした事例もあったが、そのような対処も効果的であると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
帰宅困難者 支援団体 企業・学術機関 
カテゴリ:
 
場所:
市街地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)