消費者アンケート調査結果

消防団員等の津波被害時の活動・退避ルールについて説明しておくこと、地域住民等の協力を得ながら災害時要援護者が短時間で退避が可能となる方策(個別プラン作成、車両の活用、安否確認の方法の事前ルール化など)をあらかじめ定めておくことが重要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
安否確認 地域組織 行政 住民 
カテゴリ:
要配慮者支援 消防団 
場所:
平野 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)