消費者アンケート調査結果

東日本大震災では、被災者の負担を軽減する観点から、職権方式(被害に関するデータと既存の制度適用に関するデータを照らし合わせ、支援制度の該当者を選び出し、職権で制度を適用する方式である。)を採用した市町村があるが、職権方式の実施には、被害に関するデータを被災者支援担当部署が利用できるシステムが必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
被災者支援 企業・学術機関 行政 
カテゴリ:
情報共有 防災体制 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
東日本大震災 
登録者の他の教訓(コンテンツ)