消費者アンケート調査結果

昨年度に実施したサマータイムの後半には、「早く来て遅くまでいることで、かえって労働時間が延びる」「早く帰らない人は、いくら言っても帰らない」というような状況が一部にみられた。今年度もサマータイムを検討するが、単に制度として行うだけでなく、労働生産性を高めるための工夫が必要だと考えている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
雇用対策 企業・学術機関 
カテゴリ:
 
場所:
市街地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)