消費者アンケート調査結果

震災前に商店、飲食店、旅館、民宿、水産加工場などを営んでいた世帯中、64.4%が続けたいと回答し、56.6%が「震災前と同じ場所」での継続を希望しています。居住意向と合わせ、集団移転と同時に職住分離についても検討する必要性があるものと考えられます。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
居住地移転 その他・非該当 
カテゴリ:
集団移転 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)