消費者アンケート調査結果

対象を避難者に限定せず、誰でも気軽に精神的なケアが受けられる施設を地域社会に複数設けることが有効。(阪神淡路大震災では、被災前から精神科に通院していた患者を対象に「精神科救護所」が設けられたが、実際は、被災前には通院していない震災後に心のケアが必要になって訪れた方の受診が多かった)

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
避難所 地域組織 その他・非該当 
カテゴリ:
こころのケア 災害医療 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)