消費者アンケート調査結果

震災復興会議の趣旨や意向調査の結果から、今後のまちづくりを進めるにあたっては、基本的に、津波被害(浸水被害)のない国道6号側へ居住地を形成するという方向性で捉えることができました。その際、JR常磐線のルートは重要であり、通学や通勤、医療・福祉施設への移動に伴う交通利便性を確保するルート設定が求められました。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
まちづくり 企業・学術機関 行政 
カテゴリ:
交通 社会福祉施設 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)