消費者アンケート調査結果

将来の見通しがない中では、アンケートを通した把握された住宅ニーズは不正確である可能性があり、特に復興公営住宅のニーズは過大になる面もある。まずは、将来の見通しを立てられる・考えられる状況をいかにつくるかに力点が置かれるべきである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
災害公営住宅 その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)