消費者アンケート調査結果

復興公営住宅へのニーズが大きい層は単身高齢世帯とひとり親世帯である。ひとり親世帯は民間賃貸住宅へのニーズも大きいものの、これらの層に対応する建設計画が望まれる。ただし、阪神大震災の際に高齢者を集住させた復興公営住宅において未だに見守り等の活動を継続する必要があることを考えると、復興公営住宅への移転はできる限り社会階層を混在させながら行う必要があると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
応急仮設住宅 住民 行政 
カテゴリ:
災害公営住宅 見守り支援 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)