消費者アンケート調査結果

本アンケートからは、地震後、職場等から車で長距離を移動して自宅に戻る行動が多く行われたことが把握された。これは無用の交通量の増大を招き、地域全体の円滑な避難を阻害する要因となる可能性がある。これを防ぐため、今後は事業所等において津波避難時の車による帰宅行動を抑制するための啓発を行う必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
車避難 支援団体 企業・学術機関 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
市街地 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)