消費者アンケート調査結果

今後、災害廃棄物の処理を推進するためには、既に仮置場へ搬入された災害廃棄物の中間処理、最終処分、再生利用を着実に進めるとともに、各県内で不足する最終埋立処分場の確保を含めて、広域処理を推進する必要がある。しかし、広域処理のためには、放射性物質が低いレベルの廃棄物であっても、受け入れ地域の一層の理解と協力が必要なことが再認識された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
災害廃棄物処理 行政 
カテゴリ:
 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)