消費者アンケート調査結果

ユーティリティを事前に備蓄し、実際に使用した処理場について整理を行った。BCPの有無に関わらず広域的に燃料が不足していた。また、消毒剤においては備蓄量が十分だったとの回答が大半を占めたが、一部の処理場において不足が発生した。備蓄量の見直し、被災時の調達方法について検討する必要があると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
防災計画 地域組織 行政 
カテゴリ:
備蓄 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)