消費者アンケート調査結果

被災規模が大きく支援要請が対応能力を上回る場合に企業側で優先度を判断するのは困難であるため、インフラ管理者間で災害対応の優先度を調整する必要があるが、この場合、現場レベルで優先度を臨機応変に判断することが現実的であると思われる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
災害対策本部 地域組織 行政 
カテゴリ:
被災者支援 ライフライン 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)