消費者アンケート調査結果

現地での解決が難しい場合には広域の対応が必要となるため、出先機関やリエゾンを通じて県庁や整備局と情報共有し現場をバックアップできる体制が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
広域連携体制 地域組織 行政 
カテゴリ:
情報共有 
場所:
平野 その他・非該当 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)