消費者アンケート調査結果

発生頻度は低いものの甚大な被害をもたらす津波に対しては、津波の襲来後も継続して危険物等の貯蔵等が行われることとなることから、津波警報・津波注意報が解除され、汚泥等の除去が行われた時点で事業所構内に入ることが可能となった後、応急措置又は代替措置により、速やかに被害が発生する前と同程度の機能を回復することができるように、計画を策定しておくことが必要であると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
防災計画 地域組織 企業・学術機関 
カテゴリ:
 
場所:
市街地 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)