消費者アンケート調査結果

既往の津波波力算定式を利用した津波被害シミュレーションの有効性が確認されたことから、事業者が、東日本大震災の教訓を踏まえた見直しが行われる津波予測に基づきタンク設置場所の津波浸水深を想定するとともに、個々の屋外タンクの諸元に基づき被害シミュレーションを実施し、想定される地震・津波に応じた被害想定を作成するとともに、これらの情報を予防規程に反映するよう事業者に対して求める必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
環境省 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
建物被害 地域組織 企業・学術機関 
カテゴリ:
シミュレーション 災害伝承 
場所:
市街地 沿岸部 
区分:
調査報告書 
掲載誌名:
消費者アンケート調査結果 
掲載巻ページ:
 
出版者:
 
災害種別:
 
登録者の他の教訓(コンテンツ)